2012-08

インターフォンF5での音声入力の優先順位のご案内

セルラーライン社製インターフォンF5をご購入、
もしくはご検討を頂いている皆様へ、
F5の設定・仕様に関してご案内いたします。

既にお気づきの方もいらっしゃると思いますが、
インターフォンF5は多機能を特徴としているため、
音声の出力に関して、『優先順位』 が設定されています。


(上のほうが優先されます)
1;HFP/HSP 携帯電話の音声通話、zumoに代表されるナビのガイド音声
などに使われるプロファイル
2;ICP インカム通話に使われるプロファイル
3;A2DP 音楽出力用のステレオに対応したプロファイル
(最近のナビ機器、携帯ナビ音声も此方を使用)
4;FM  FMラジオ
5;AUX. スピーカーマイク後部のジャックから取り込む有線入力

ここでお問合せが多いのが、

ケース1;
ステレオで音楽を聴いていたとき(③)に、
渋滞情報が気になってFM(④)に切り換えた。
場合。
じつは、スピーカーから流れてくる音源は、ステレオ(③)のままになります。

これは、
『A2DPに入力信号がある場合は、
 手動でFMもしくはAUX.に切り換えても、
 A2DPを優先する。たとえ無音でも。』
というルールに則って動いているためです。

同様にA2DPの音声が優先されるケースとして、

ケース2;
インカム通話(もしくは携帯通話)が完了したら、
ミュージックストリーミングモード(③)にしていないのに、
A2DPの音楽が流れてきた。
場合。

これは、1(HFP)および2(ICP)にて、
共に入力信号がなくなった際に,
次の順位の音源(もしくは直前まで使用していた音源)を
流すように設定されている為です。

この『優先順位』という特徴を使うと、特にタンデムツーリングなどでは
すばらしい楽しさを演出することができます。

たとえば、パッセンジャーのF5をライダー側の操作で、
インカム通話・音楽再生を切り換えてあげることができます。

ユーザーの皆様は是非、この機能を利用して、
グループ・タンデムツーリングをお楽しみ下さい。

注;
A2DP接続の相手がAVRCP併用の場合は、
FM/AUX.に切り換えた際にAVRCPが働き、
自動的にA2DPが切断され、
FM/AUX.が出力されるようになります。


有限会社トーヨー産業
営業
小堀
スポンサーサイト

初期型インターフォン用アクセサリの販売終了のお知らせ

インターフォン関連製品販売店関係者並びに販売店各位


平素はセルラーラインインターフォンシリーズをお取扱い頂き、ありがとうございます。

この度本国イタリアにおいて、初期型インターフォンのアクセサリー商品の生産及び取扱いの終了が決定いたしましたので、お知らせ致します。


取扱い終了商品

商品名  ;ユニバーサルキット
商品コード;MICINTERPHONESP
適応機種 ;セルラーラインインターフォン(初期型)
商品詳細 ;ジェットヘルメット用スピーカーマイクキット

商品名  ;コンフォートキット
商品コード;COMFORTKIT
適応機種 ;セルラーラインインターフォン(初期型)
商品詳細 ;フルフェイスヘルメット用スピーカーマイクキット

以上2点です。


*なお、今後も初期型インターフォンの修理、点検、電池交換は継続いたします。


ご不明点などございましたら、お問合せ下さい。
今後ともセルラーライン、インターフォンをよろしくお願いいたします。

有限会社トーヨー産業

«  | ホーム |  »

プロフィール

有限会社トーヨー産業

Author:有限会社トーヨー産業
Welcome to TOYO SANGYO

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
プレスリリース (12)
重要なお知らせ (22)
営業のお知らせ (27)
イベント日程 (3)
Cellular Line (17)
SW-MOTECH (0)
Draggin (1)
Zeibe (0)
Zandona (0)
La FALAPPA (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR