2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトウエアバージョンアップでFM放送が聞こえなくなった製品の対応

インターフォンF5MC/F4MCをご利用のお客様

前略、先般のソフトウエア更新(R104)(詳しくは→こちら)において、ソフトウエアに欠陥がありバージョンアップするとFM放送が聞こえなくなるとのご指摘をお客様からいただき、即刻バージョンアップを行わないよう同掲示版にて告知しました。ご連絡をいただきましたお客様を含め、FM放送が聞こえなくなってしまったお客様への対策・対応を下記の通りおこないますのでご連絡申し上げます。

1.【対策・対応】
弊社にお送りいただき、FMラジオ受信周波数を「グローバル」→「日本」に再設定します。
※この設定はお客様の手許ではできません。

2.【対象】
インターフォンF5MC/F4MC
※弊社が輸入販売した国内正規品に限ります
※現時点で日本のFMラジオ放送が聞こえている方は弊社にお送りいただく必要はありません。

3.【方法と手順】
1.郵便もしくは宅急便で下記までお送りください。
 <送り先>(保証書に記載の住所と同じ)
 〒105-0014
 東京都港区芝2-27-8 マスマンビル7F
 有限会社トーヨー産業
 カスタマーポート・FM再設定 係
 TEL:03-6303-0030

 【重要】
 佐川急便の場合は「送料着払」をお受けいたします。
 また、着払いの場合は配達時間は指定しないでください。


2.弊社到着後速やかに(2営業日以内)に作業を終了しお客様に返送いたします。
※対策作業は無料です。
※お客様への返送料は弊社が負担いたします。

4.お送りいただくもの【重要】
A.F5MC/F4MCの本体
 完動品に限ります。故障や破損の際は通常の修理サービスをご利用ください。
B.弊社発行の保証書(オリジナルが必要。コピー不可。ご利用者名、住所は必ずご記入ください)
【重要】
※保証書が無い場合は作業をいたしません。そのままお客様に返送しますが、返送にかかる費用はお客様負担で、弊社までの送料も弊社が負担した場合は請求させていただくことがございます。
※保証書をお送りいただけないお客様は事前に弊社にご連絡ください。
※ツインパックをご購入のお客様は2台を一緒にお送り下さい。2台目を別の時期に依頼される場合、送料はお客様でご負担いただく事もありますが、ご了承ください。
※ご自身の保証書を他人に貸与しないで下さい。
※お客様ご本人以外の商品を他人(知人)からあずかり、ご自身の保証書を利用して対策を依頼することを禁止します。
※対策終了時には保証書にマークを記入します。マークが記入された保証書は再度この対策作業には使えません。

5.【受付期間】
※2014年8月13日から2014年10月12日
※対象のお客様が沢山いらっしゃる場合、期間を延長をいたします。

ご不明な点は弊社カスタマーサポートまでお問合せください。

お客様には大変お手数をお掛けいたしますが、何卒ご理解、ご協力の程お願い申し上げます。また、今後とも弊社製品をご愛用いただけますようお願いいたします。

有限会社トーヨー産業
代表取締役
陳肇文
スポンサーサイト

インターフォンF5MC/F4MCソフトウエアバージョンアップ(R104)の再開

インターフォンをご利用のお客様各位

前略、弊社製品をご利用いただきまことに有難うございます。

2014年7月8日にソフトウエア更新を発表し、直後に不具合が発見され使用を控えていただいておりましたが、不具合が修正され日本でも使用出来ることな確認できたのでご連絡いたします。

詳細は → こちら

今回のバージョンアップで使用感はより「自然」なものになり、よりライダーによりそってライディングをサポートできるようになると確信しています。

ソフトウエアはCellular Italia社が随時更新していますが、日本では弊社がテストしてからお客様にご連絡していました。今回確認不足のまま公示し、お客様ににご迷惑をかけましたことお詫びいたします。

有限会社トーヨー産業
代表取締役
陳肇文

インターフォンF3MC取扱説明書の誤記訂正

インターフォンF3MCをご利用のお客様へ

弊社製品をご利用いただきまことに有り難うございます。

製品に添付している日本語の取り扱い説明書に誤記がありましたのでご連絡いたします。誤記内容は下記の通り。

【誤(訂正前)】
1)P3の「パッケージ内容」(下図)のシンボル「H」の外部入力ケーブル部品(四角の枠で囲った部品)は実際にはパッケージ内に含まれていないにもかかわらず記載されている。

20140727.jpg

2)P17の項1.10の機能のメニューに「外部入力」の項目がある。
3)P25の項2.2.5「外部入力兼充電端子」に外部入力を聞くための操作が記載されている。

【正(訂正後)】
1)「パッケージ内容」図から当該部品の絵と部品名を削除。
2)P17の項1.10の機能のメニューから「外部入力」の項目を削除。
3)P25の項2.2.5「外部入力兼充電端子」の項目を削除。(それ以降の項目番号の繰り上などの訂正を含む)

ご購入いただきましたお客様で、連絡のございました方には当該部品をお送りいたしました。その後取り扱い説明書を至急改訂させていただきました。

【解説】インターフォンF3MCには外部入力端子から入力された信号を聞く機能はありません。

ご迷惑をおかけしてまことに申し訳ございませんが、何卒ご理解ご了承の程お願い申し上げます。

有限会社トーヨー産業
代表取締役
陳肇文

インターフォンF4MC取扱説明書の誤記訂正

インターフォンF4MCご利用のお客様へ

弊社製品をご利用いただきまことに有り難うございます。

製品に添付している日本語の取り扱い説明書に誤記がありましたのでご連絡いたします。誤記内容は下記の通り。

【誤(訂正前)】P3の「パッケージ内容」(下図)のシンボル「H」の外部入力ケーブル部品(四角の枠で囲った部品)は実際にはパッケージ内に含まれていないにもかかわらず記載されている。

20140727.jpg

【正(訂正後)】上図から当該部品の絵と部品名を削除。

ご購入いただいたお客様で、連絡のございました方には当該部品をお送りいたしました。その後取り扱い説明書を至急改訂させていただきました。

【解説】インターフォンF4MCは外部入力端子から入力された信号(主に音楽プレーヤーの音楽)を聞く機能があり、この機能を使うためにはこの外部入力ケーブルが必要です。標準附属しておりませんので、補修品として設定されているこの部品をご購入いただくか、同等なケーブル(片側は3.5mm(3極)、反対側は2.5mm(3極)のケーブル(社外品)をご利用ください。なお、本件はメーカーであるセルラーイタリアに通知、改善要求を出していますが、当部品を付属させるなど対策の確認はきておりません。

ご迷惑をおかけしてまことに申し訳ございませんが、何卒ご理解ご了承の程お願い申し上げます。

有限会社トーヨー産業
代表取締役
陳肇文

Interphoneシリーズソフトウエア更新(R104)のお知らせ

インターフォンをご利用のお客様各位

前略、弊社製品をご利用いただきまことに有難うございます。製品のソフトウエアが更新されましたのでご案内いたします。

(1)更新対象のモデル
 * Interphone F5MC/F4MC/F3MC

 【お知らせ】
 今回の変更・修正上記製品でのみ発生する不具合の修正と機能の改善です。
 更新対象外の製品(F5/F5s/F5XT/F4XT/F3XT)では発生しない問題な
 ので、これらの製品では今回のソフトウエア更新をする必要はありません。

(2)更新内容(各バージョンで主なもの)
R104  2014年6月20日
変更: FMラジオの感度を改善

R102  2014年5月23日
修正: FMラジオを聞いているときに電話が着信したときにマイクがミュートされてしまうバグを修正

R100  2014年5月13日
変更: ノイズカット機能の改善
変更: 自動音量調整機能(AGC)の感度を変更
変更: 電源を一旦オフにしてMFBを長押ししてもボイスガイドの言語は変更できるように変更
修正: インターコム機器が1台しかペアリングされていない場合のエラーメッセージを修正

*更新が短期間に頻繁に行われたため、皆様への通知が送れましたことお詫びいたします。
*各モデル毎の詳しい更新履歴は下記をご覧ください。
 F5MCの更新履歴(英文) → こちら
 F4MCの更新履歴(英文) → こちら
 F3MCの更新履歴(英文) → こちら

(3)更新方法
 * 新しいソフトウエア更新プログラム(32bit/64bit両対応)をPCにインストールして実行してください。
  詳しくは → こちら

今後も製品をご購入戴きましたお客様が安心して製品をお使い頂けるようにサポートをいたしますので、宜しくお願い致します。ご不明な点がございましたら弊社カスタマーサポートまでお問合せ下さい。

敬具

有限会社トーヨー産業
営業  小堀


【変更履歴】
<2014年7月16日>
ソフトウエアに重大な問題があったため、下記メッセージを文頭に表示し、ご利用を控えていただく告知、お願いした。

【重要なお知らせ】
インターフォンF5MC/F4MCをご利用のお客様へ

下記でご案内しているソフトウエアバージョンアップを行わないでください。本ソフトウエアバージョンアップを行うと内蔵FMラジオの周波数設定がメーカー出荷時のグローバルに戻ってしまい、日本のFM放送の周波数に適合しなくなります。

尚、バージョンアップでFMラジオが聞こえなくなってしまったお客様への対策は追ってご連絡させていただきます。しばらくFMラジオが聞こえなくなるご不便をお掛けいたしますが、何とぞご容赦の程お願いいたします。

また、今回の問題はFMラジオの受信周波数なので、この機能のないF3MCのお客様は、バージョンアップをおこなっていただいて構いません。

<2014年8月7日>
ソフトウエアの修正が完了し、バージョンアップサービスを再開。

«  | ホーム |  »

プロフィール

有限会社トーヨー産業

Author:有限会社トーヨー産業
Welcome to TOYO SANGYO

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
プレスリリース (12)
重要なお知らせ (22)
営業のお知らせ (27)
イベント日程 (3)
Cellular Line (17)
SW-MOTECH (0)
Draggin (1)
Zeibe (0)
Zandona (0)
La FALAPPA (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。